簡単アウトプット-- HTML head --

HTMLとは

Hyper Text Markup Language

  1. ブラウザ上で文字・画像・リンクなどを表示させるための言語
  2. < >をタグといい、</  >終了タグで囲む
    ※中には終了がいらないものもあります  
<!DOCTYPE html>

は、「これはHTMLを記載したファイルです!」と宣言したもの 一番最初に記述する
4. <html>タグで囲んだ中にhead 、bodyの要素に分ける
※</html>の終了タグは一番最後になる!!

ここからは、実際にhead要素のコードから説明します。

headには、

<head>
<meta charset="UTF-8">
# 文字コードの指定 = これにより文字化けしない 
<link rel="stylesheet" href="style.css">
# CSSの読み込み relでCSSを読み込む宣言 hrefは、読み込むCSSのファイルを表している
<title>chat-app</title>
# titleタグ内に記載された文字列が、ページのタグのタイトルになる
</head>

上記のようなコードを記述をして、タイトル表示させたり、文字や画像の装飾に使用するCSSのファイルを関連づけをします。

この部分のコードは画面上には表示されないですが、人間の脳みたいなところ!きちんとコードを記述しないと、CSSJavaScript,画像を展開できないので注意が必要です。  

まとめ

<! DOCTYPE HTML>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>簡単アウトプット</title>
    <link rel="stylesheet" href="style.css">
  </head>
  <body>
   
  </body>
</html>

bodyは次回。